薬剤師でよかった!薬剤師の仕事のやりがいと魅力

薬剤師とは、医薬品全般について幅広い知識を持っている、「薬」の専門家です。薬局や病院で調剤を行うことが主な業務ですが、ドラッグストアなどで一般用医薬品を販売したり、患者さんの健康相談にのることもあります。そんな薬剤師の仕事のやりがいと魅力を、ご紹介していきます。

薬剤師が仕事でやりがいを感じるとき

薬剤師の仕事には、さまざまな「やりがい」があります。ここでは、多くの薬剤師がやりがいを感じているポイントをご紹介していきます。

医薬品のスペシャリストとして医療に貢献

医療に貢献できるということは、多くの薬剤師が共通してやりがいを感じるポイントです。病気やけがで苦しむ患者さんの役に立つことは、医療従事者の共通の目標です。

病院ではたらく薬剤師は、医師や看護師などのコメディカルと連携することで医薬品の適切な使用を促進し、患者さんの治療にあたります。調剤薬局ではたらく薬剤師は、処方されたお薬や一般用医薬品を安全に使ってもらえるように服薬指導を行います。

より患者さんに近い立場に立ち、お薬の悩みだけでなく健康の相談にのることで、生活をサポートすることができるのです。そのほかにも、様々な職場において薬剤師はやりがいを感じながら活躍をしているのです。

服薬指導で患者さんの悩みを解消

薬剤師の重要な仕事のひとつとして、「服薬指導」というものがあります。これは、医薬品の使い方を説明して、薬物治療を適切に行うことを目的としています。医薬品の数は非常に多く、服用方法が難しいものや、特に注意を要するものも珍しくありません。複数の病院にかかっている患者さんでは、薬の飲み合わせが問題となることもあります。

「他でもらっている薬といっしょに飲んでもいいの?」、「飲み合わせが悪い食べ物はある?」、「こんな症状が出たけどこれって副作用?」など、様々な質問が出てきます。このような質問を薬の専門家として解決し、患者さんに喜んでもらうことができれば、薬剤師としてやりがいを感じることでしょう。

薬剤師の活躍によって医療ミスを防いだ

薬剤師が他の医療従事者のミスに気づき、患者さんの命を助けるということもあります。薬を処方する医師は、経験と知識に基づいて適切な薬剤を決定しますが、薬によっては量を間違えると命に関わることもあるので注意が必要です。

また、医薬品の組み合わせによっては飲み合わせがおこり、効果が増強されたり減弱されたりしてしまします。医薬品のエキスパートである薬剤師は、処方された医薬品に問題がないかをあらゆる角度からチェックします。処方に疑わしい点があれば、薬剤師が積極的に介入することで、ミスを未然に防ぐのです。

自身の活躍で起きていたかもしれない医療事故を防ぐことができれば、やりがいを感じることでしょう。

OTC医薬品の販売でセルフメディケーションに貢献

現在では、自分自身で健康を管理し、軽い病気は病院に行かずに自分で治療してしまうという、セルフメディケーションが注目されています。仕事や学校が忙しくて病院に行けない方も多く、ドラッグストアで一般用医薬品を購入する機会も増えています。

そんな時に薬剤師は、身近な薬の専門家として頼りにされることでしょう。症状や悩みを聞き取って、薬学的観点から適切な医薬品をおススメします。「あなたに教えてもらったお薬のおかげで、病気が治ったよ。」と喜んでもらえたときには、強いやりがいを感じるのです。

薬剤師の仕事の魅力

薬剤師の仕事はやりがいだけでなく、魅力にもあふれています。ここでは、実際に働く薬剤師が感じている魅力をご紹介していきます。

薬の専門家として医療に携われる

医師は言うまでもなく医療従事者のリーダーであり、看護師は医師と協力して患者さんの治療の中心を担います。その他のコメディカルも、様々な専門的見地から治療に貢献しています。

そんな中でも、医薬品は現代医療においては必要不可欠であり、治療のカギを握っています。チーム医療を行っていくうえでも、医薬品の知識に精通していることは、薬剤師の魅力の一つといえるのです。

医薬品の知識が身につく

若い方からご高齢の方まで、誰もが一度は医薬品を使ったことがあるでしょう。特に高齢化社会を迎えている日本では、医薬品の出番はますます多くなっていくと考えられています。

医薬品の知識があるということは、プライベートにおいても非常にメリットがあることです。両親や子どもの体調が悪い時にも、医薬品の知識は役立ちます。

服薬管理をすることもできるので、家族や親戚からもけがや病気のときに頼りにされることでしょう。

活躍できる職場は幅広い

薬剤師が活躍できる職場は、多岐にわたります。

薬局・病院・ドラッグストアなどは比較的有名ですが、これはほんの一部です。製薬会社で薬品の開発や普及活動に従事したり、保健所や学校で公衆衛生に貢献したり、工場で薬品の管理を行ったりすることもあります。麻薬取締官として活躍する薬剤師もいます。活躍できる職場に限りがないということは、薬剤師の魅力の一つなのです。

医療系専門職である高い安定性

医療系の職種は景気の影響を受けにくく、安定していることが特徴です。世の中がいかなる不況にみまわれたとしても、病気の方がいなくなることはありません。国民皆保険や薬価制度の恩恵もあり、安定感は抜群といえます。

また、資格職であるので、出産や育児のブランクがあっても、問題なく復帰することができます。患者さんは日本全国どこにでもいるので、場所を問わず働いていけることも魅力の一つです。

まとめ

薬剤師の仕事のやりがいと魅力を、ご紹介していきました。

薬剤師が主人公の漫画やドラマがほとんどないように、医師や看護師と違って薬剤師が表舞台に出ることはあまりありません。病院に行く機会の少ない方にしてみると、薬剤師は何の仕事をしているのかイメージしにくいしょう。

薬剤師は医薬品のエキスパートとして、病気やけがで苦しむ患者さんに寄り添います。時には命を救うこともある薬剤師の仕事は、十分すぎるほどやりがいと魅力にあふれているのです。この記事を読んで、薬剤師の仕事に少しでも興味をもってもらえれば幸いです。

シェアする

関連する記事