辛い!辞めたい!人間関係に悩む薬剤師のための8つの解決策


女性の職場であることや閉鎖的な職場であることにより、人間関係に悩む薬剤師は非常に多いといわれています。人間関係がうまくいかないと退職に繋がってしまうことはもちろん、ときには心の病を引き起こすこともあるので、人間関係を良好に保つことは大切です。そこでここでは、人間関係に悩む薬剤師のための、8つの解決策をご紹介していきます。

人間関係に悩む薬剤師のための8つの解決策

人間関係に悩む薬剤師は、どのようにして解決を目指せば良いのでしょうか。

ここでは8つの方法を挙げてご説明していきます。

1.元気よくあいさつをするようにする

人間関係において、あいさつは基本中の基本です。しっかりとあいさつをすることで、相手に好印象を与えるだけでなく、職場全体の雰囲気も向上します。朝のあいさつだけでなく休憩時や終業時のあいさつも欠かさないようにしましょう。

また、スタッフ同士だけでなく、患者さんに対してのあいさつもとても重要です。笑顔を心がけ、まわりに明るい印象を与えるようにしましょう。

2.相手をほめる

どんな人でも、ほめられることは嬉しいものです。特に管理薬剤師などの管理職に就いている場合には、良い行いや活躍をしたスタッフを積極的にほめるようにしましょう。きちんと評価をされることで職場の雰囲気は向上し、人間関係のこじれを解決することにもつながります。

また、相手をほめることと同時に、感謝をすることも重要です。日ごろのささいなやり取りにおいても、「ありがとう」という言葉をしっかりと口に出し、感謝の気持ちをあらわしましょう。

3.分け隔てなく接する

人間関係のコツとして、どんな方にも分け隔てなく接することも重要です。なかでも、女性は依怙贔屓(えこひいき)には敏感なので、調剤薬局など女性の多い職場では特に注意が必要です。

スタッフによって対応が異なることのないようにしましょう。こちらについても、管理職を任されている場合にはすべてのスタッフとコミュニケーションをとることが重要です。

また、薬剤師でないから、登録販売者などの資格を持っていないからということを理由に、区別をしすぎてしまうこともNGです。もちろん業務の中で資格による線引きはしなくてはなりませんが、メーカーの勉強会などは時間があれば全員で聞くことで、連帯感を得ることができます。人間関係の向上にもつながるので、おススメですよ。

4.他の職種の方と積極的にかかわる

病院であれば、看護師・臨床検査技師・医療クラークなど、ドラッグストアであれば栄養士・登録販売者・一般従事者の方など、他の職種の方とも積極的にかかわるようにしましょう。職場の人間関係を良好にしてくれることが期待できます。

多くのスタッフと関わることが出来れば、困ったときに相談にのってもらえたり、仲の良い友人に巡り合うことができるかもしれません。違う職種だからと遠慮するのではなく、積極的に交流をするようにしましょう。

また、異なる職種の方の話を聞くことで、幅広い視野を持つことができます。違う角度から医療を見つめ直すことで、薬剤師の仕事にも生かすことができ、スキルアップにもつながります。話をする機会があれば、いろいろと教えてもらうと良いでしょう。

5.プライベートの交流を深める

プライベートでの交流を深めることが、人間関係のこじれを解消することもあります。

旅行やスポーツ、音楽などの共通の趣味があれば、一度誘ってみると良いでしょう。お酒が好きなら、業務終了後に飲みに行くのも良いですね。薬剤師であれば、研修認定薬剤師の単位の取得のため、一緒に勉強会に参加することもおススメです。

忘年会や歓送迎会など、業務の外で親睦を深める機会があれば、積極的に活用すると良いでしょう。課外活動を推奨している企業もあるので、会社の制度を利用することもおススメです。

6.上司に相談する

自分だけの力で解決できない場合には、上司に相談するようにしましょう。お互いの関係を取り持ってくれたり、問題の原因を解消してくれる可能性があります。ただし、うまくタイミングをみはからって相談をしないと、「告げ口をした」とかえって関係が悪化してしまうおそれもあるので、注意が必要です。

また、一方的な嫌がらせをされているなど、相手に明らかに問題がある場合においても、上司に相談することは重要です。業務に支障が出ることも考えられるので、きちんと咎めてもらうようにしましょう。

7.異動を願い出る

これまでご紹介した方法を試しても人間関係が改善しないのであれば、異動を願い出ることも一つの方法です。

系列店やグループ企業がある場合には、異動という選択肢も考えましょう。同じ条件で働き続けることができ、社歴も継続して重ねることができるので、メリットのある方法です。

異動を希望する場合には、すぐにOKが出るとは限らないので、人間関係で悩みを抱えていることを早めに上司に伝えるようにしましょう。今後の人事異動などにおいて、優先的に異動をさせてもらえる可能性があります。

8.転職をする

人間関係でストレスを抱えた状態で仕事を続けると、思わぬミスを招きかねません。前述の異動などもできず、どうしても人間関係の問題が解決しない場合には、転職という手段も視野に入れるようにしましょう。今の職場にこだわるのではなく、新しい職場で気持ち良く働くことも一つの方法です。

転職がうまくいけば、前の職場よりも好条件で働くことができるので、非常におススメの方法です。転職をする場合には、自分に合った職場を自力で探すことは難しいので、転職サイトを活用するようにしましょう。

下記のリンクから、転職サイトのおススメランキングを確認することが可能です。ぜひとも参考にしてみてください。

転職サイトのおススメランキング

まとめ

人間関係に悩む薬剤師のための解決策を、ご紹介させていただきました。

薬剤師に限らず、さまざまな職場において人間関係は課題となっています。自分に問題がなくても、運悪く派閥争いに巻き込まれてしまうこともあるので、注意をしなくてはなりません。女性ばかりの職場であったり、女性の中に男性が1人だけという場合においても、注意が必要です。

ここでご紹介した方法を参考にして、人間関係で悩むことのないようにしましょう!

シェアする

関連する記事