病院・クリニックの薬剤師の平均年収

年収アップを狙う薬剤師

平均年収

病院・クリニックの求人情報や、年収モデル、求人サイトの年収調査などのデータもとに、平均年収を計算すると、下記のような平均年収になります。

  • 20代:340万〜450万円
  • 30代:430万円〜550万円
  • 40代:520万円〜640万円
  • 全体平均:470万円〜630万円

病院やクリニックの場合、年齢によって変わりやすいので、年代によってばらつきがありますが、平均すると470万円〜630万円というあたりになります。

基本給だけで考えれば、調剤薬局と同等か、少し少ないくらいですが、病院の場合、夜勤手当などの手当がプラスされることになるので、総支給額でみればやや高めになります。

また、国公立か私立か、総合病院かクリニックかなどによっても年収は大きく変わります。一般的には、国公立のほうが年齢を重ねるごとに昇給しやすいため、生涯年収でいえば、少し高めになる傾向にあります。

病院薬剤師の給料が低めになる理由

病院やクリニックは、新卒の薬剤師から人気のある職場です。薬剤師としての本来の仕事ができることや、医療の最前線で仕事ができることが魅力だと考えるひとが多いからです。

しかし、病院薬剤師は担当している業務の責任や仕事量に対して、給料は必ずしも高くはありません。看護師よりも低くなることがありますし、ドラッグストアのほうが給料が高いということはざらにあります。

その理由としては、病院薬剤師は必ずしも長時間残業や夜勤が必要ではないため、夜勤手当の割合が多い看護師や、残業手当が多いドラッグストアの薬剤師と比べて総年収はどうしても低くなってしまうことがあげられます。

また、病院が医師や看護師の待遇を優先する傾向があり、薬剤師の待遇は低めに抑えられてしまうことも理由の一つとしてあります。

年収アップを目指す方法

病院薬剤師の場合、30歳をこえると、給与の上昇幅は低く抑えられてしまうので、そこから年収アップというのはなかなか難しいものがあります。ベース賃金の高い病院やドラッグストアなどに転職するのが、最も手っ取り早い年収アップの方法になります。

特にドラッグストアでは、薬剤師手当として、毎月5〜10万円が支給されるので、給与が変わらなくても、年収ベースでは100万円近くアップすることも十分に可能です。管理薬剤師の手当がつけば、さらに50万円近くアップさせることもできます。

なので、年収アップだけを考えるのであれば、ドラッグストアへの転職がおすすめです。

どうしても、病院薬剤師にこだわりたいということであれば、人材紹介会社などに登録し、キャリアコンサルタントに手伝ってもらいながら、条件のいい病院から内定をもらえるようにするのがいいと思います。

人材紹介会社系の求人であれば、比較的条件のいい求人が多いので、ドラッグストアほどではないですが、年収アップもできると思います。

シェアする

関連する記事