調剤薬局の薬剤師の平均年収

調剤薬局の薬剤師

調剤薬局の薬剤師の平均年収

調剤薬局各社が公表している求人情報や、年収モデル、求人サイトの年収調査などのデータもとに、平均年収を計算すると、下記のような平均年収になります。

  • 20代:350万〜420万円
  • 30代:430万円〜530万円
  • 40代:500万円〜620万円
  • 全体平均:470万円〜560万円

調剤薬局では、年代によって平均年収に違いがありますが、平均年収としては、470万円〜560万円くらいになります。これは、薬剤師の平均年収やドラッグストアなどと比較すると、ちょっと少なめです。

初任給自体があまり高くないこともありますし、年齢や経験年数が増えても、給料が大きく変わらないことがその一因だと考えられます。

調剤薬局は稼げる職場ではない

調剤薬局は薬剤師の本来の業務に集中できることや、その安定性から、新卒の薬剤師に人気の職場です。ただ、その分、給料は低めで、昇給も見込めないことから、稼げる職場であると言い難い状況です。

調剤薬局で昇給を目指すのであれば、管理薬剤師を目指すことが挙げられますが、全員が全員管理薬剤師になれるわけではありませんし、管理薬剤師になったとしても、増える給料はそれほど多くはありません。

給料アップを目指す方法

調剤薬局で勤務している薬剤師が給料アップを目指すのであれば、最も手っ取り早いの方法は、ドラッグストアに転職することです。ドラッグストアは調剤薬局よりも給与が高めに設定されていたり、業績に連動した賞与がもらえたり、そしてなにより、薬剤師手当として5万円〜10万円を毎月もらうことができます。薬剤師手当だけでも、年間100万円近く変わってきますので、ほぼ間違いなく給料アップが見込めます。

どうしても、調剤薬局にこだわるのであれば、少しでも条件のいい求人を見つけることですが、正直、それでもアップする給料はわずかなものです。年収にして、10万円〜50万円くらいのアップが関の山といったところです。劇的に大きくアップするわけではありません。

なので、個人的には、給料アップのために調剤薬局から調剤薬局へ転職することはおすすめできませんが、ダメ元でも、人材紹介会社などに登録してみて、給料アップが可能な求人があるかどうかを、キャリアコンサルタントに相談してみるのはありだと思います。実際、それで大幅な給料アップが実現したひともいます。

シェアする

関連する記事