ドラッグストアの薬剤師の平均年収

ドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師の平均年収

ドラッグストア各社が公表している求人情報や、年収モデル、求人サイトの年収調査などのデータもとに、平均年収を計算すると、下記のような平均年収になります。

  • 20代:350万〜460万円
  • 30代:450万円〜550万円
  • 40代:450万円〜650万円
  • 全体平均:520万円〜650万円

年代によって平均年収は若干変わりますが、平均すると520万円〜650万円くらいというのが、ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収の目安になります。

これを多いととるか、少ないととるかはひとによって異なるところですが、調剤薬局の平均年収と比較すると、少し高めであることはわかります。

その違いは、調剤薬局よりも業務の幅が広いことや、任される責任が大きくなることです。調剤や情報提供などの薬剤師としての仕事だけでなく、レジ打ちや商品の品出し、清掃などの業務もあります。店舗の経営を任される場合もあります。

また、調剤薬局とは異なり、薬剤師手当が5〜10万円ほどつくので、額面上の年収よりも多くなります。これは調剤薬局よりも平均年収が高くなる一番の要因です。

ドラッグストアによって年収に差が出やすい

調剤薬局ではどこもそれほど年収に差が出にくいですが、ドラッグストアの場合、基本給、手当の額などがドラッグストアによって異なるため、年収に差が生まれやすいといわれます。

特に最近では、ドラッグストアの競争が激しくなっており、薬剤師の採用に力を入れるドラッグストアが増えています。業績が好調なドラッグストアでは、確実に薬剤師を確保できるようにするために、薬剤師の給与を高めに設定しているとこや、業績に連動して賞与を増やしているところもあります。

また、同じドラッグストアでも、入社した数年前に入社したひとと最近入社したひととでは、基本給自体が異なることは多くあります。これは、担当する業務の違いや、店舗ごとの売上の規模、入社時点での評価などによって、給与が決まるためです。同じ年齢、経験年数なら同じ給料というわけではないのです。

高給料のドラッグストアに入社する方法

ドラッグストアは大手チェーンの中でも給与や賞与、手当の金額は異なりますし、店舗や担当業務によっても異なります。まずは、数多くある求人の中から高給料が得られるドラッグストアを見つけることが大事です。

また、ドラッグストアの場合、入社時点での評価によって基本給が変わってしまうので、少しでも自分の経験や特徴を評価してもらえるところに入社することが大事です。自分で自分を売り込めるひとであれば、問題はありませんが、それが得意ではない、あるいはプロに任せたいということであれば、当サイトで紹介しているような、キャリアコンサルタントがつく紹介サービスに登録するのがいいと思います。

自分に変わって求人を探してくれますし、自分の経験や特徴を上手にアピールして、評価を高めてもらうことができます。無料で利用できるので、とりあえず登録してみることをおすすめします。

シェアする

関連する記事