MRの薬剤師の平均年収

MRのお金

MR薬剤師の平均年収

株式会社インテリジェンスが公表している2013年の平均年収職種別詳細データによれば、薬剤師の平均年収は下記のようになります。

  • 20代:493万円
  • 30代:684万円
  • 40代:872万円
  • 全体平均:683万円

【出所:平均年収職種別詳細データ2013年(DODA)】

年代によっても平均年収は異なりますが、平均すると683万円になります。これは他の営業関連職種と比べても高い数字ですし、薬剤師の資格を活かした仕事の中ではダントツに高い数字です。

男女別にみると、男性が727万円、女性が518万円となっており、女性より男性のほうが年収が高いことがわかります。ただ、これは男女で格差があるというわけではなく、女性の場合は結婚後、出産後も続けるのが難しいため、女性のMRが若い世代に集中しているため、平均すると低めになってしまうことが原因と思われます。同じ20代で比較すれば、男女間で年収に差はほとんどないはずです。

MRは高給取りというは事実

MRは高給のイメージがありますが、このように具体的なデータをみてもそれがはっきりと分かるかと思います。

MRが高給である理由としては、「営業手当」や「外勤手当」のような手当の金額が多くなることや、売上実績に応じたインセンティブがつくことがあげられます。

大手や外資系の製薬会社などでは、30代で1000万円というのも珍しいことではありません。

条件のいいMRの求人を見つける方法

MRの仕事は募集が少なく、求人数もそれほど多くはありません。条件のいい製薬会社の求人ともなると、めったなことでは表には出てこないでしょう。

また、MRの仕事は文系出身のひとでも、研修を積めば、十分仕事ができるようになるものなので、必ずしも薬剤師であることが採用試験で有利になるというわけではありません。なので、好条件の求人については、かなり競争が激しくなることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

それでも、条件のいいMRの求人を探すのであれば、紹介会社に登録し、非公開の求人を中心に応募するのがおすすめです。非公開の求人には、公開できない重要なプロジェクトの求人だったり、公開して募集するまでもなく応募が集まる求人が多いため、好条件の求人が見つけやすくなります。

紹介会社には無料で登録できるので、興味があれば、登録してみるのがいいと思います。

シェアする

関連する記事