調剤業務|薬剤師の仕事内容を紹介

調剤する薬剤師

調剤業務とは

調剤業務は医師の処方せんに基づいて、医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)することです。調剤薬局やドラッグストアなどでは、外来患者さんへの処方せんのみですが、病院では、入院患者さんへの入院処方せんが加わります。

仕事の流れ

1.処方せんの確認(監査)

処方せんに記載された内容を確認します。具体的には、処方せんの記載事項(患者の氏名・年齢・性別・医薬品名・剤形・用法・用量・投与期間など)や、患者情報・薬歴に基づく処方内容(投与禁忌・重複投与・副作用・相互作用・アレルギーなど)の確認をします。

2.医師への問い合わせ(疑義照会)

処方せんを監査した際、疑問点や不明点があれば、処方医に問い合わせて確認します。これを疑義照会と呼びますが、疑義照会は薬剤師法第24条で定められているので、医師の確認がとれるまでは調剤することはできません。

3.調剤(混合・粉砕・分包)

処方箋に記載されているお薬の剤形、服用量、服用方法にしたがって、錠剤、散剤、外用剤、水剤等を調剤します。必要に応じて、お薬を1回分ずつに分包します。

4.最終監査

調剤されたお薬は別の薬剤師が再び確認します。これを調剤監査と呼びますが、具体的には、(1)処方せんの記載内容の十分な監査、(2)薬袋の記載内容と数量の確認、(3)薬剤の特定、(4)薬剤の数や量の確認、(5)添付する患者用説明文書などをチェックします。

医師への疑義照会により、処方内容が変更になった場合はそれについてもチェックします。

5.患者さんへのお薬の交付

患者さんへお薬を交付する際は、必ず、姓名を確認します。これは渡し間違いや渡し忘れを防ぐためです。ここで間違えてしまっては、処方せん監査や疑義照会、最終監査をした意味がなくなってしまうので、確実に行います。

6.患者さんへの情報提供

患者様に薬の用法・用量、服用の仕方、保存の注意点など、患者様にわかりやすく伝えます。患者さんから質問や相談があれば、ここで答えます。

シェアする

関連する記事