DI業務(医薬品情報管理室)|薬剤師の仕事内容を紹介

DI

DI業務とは

DIとは(Drug Information)の略称で、医薬品情報について取り扱う業務のことを指します。大きな病院や製薬会社では必ずと言っていいほど、DI室(医薬品情報管理室)が設けられ、医薬品についての情報を集中的に管理し、それを必要とする医師や看護師、薬剤師、そして患者さんへ伝える役割があります。

仕事内容

医薬品の情報の収集と整理

医薬品についての情報は、厚生労働省、製薬会社、国内外の研究機関などから寄せられる外部情報と、院内の医師や薬剤師、看護師から寄せられる内部情報の二つに分けられます。

厚生労働省からは「緊急安全性情報」や「医薬品 ・ 医療機器等安全性情報」などの副作用情報、製薬会社からは最新の医薬品情報が届きます。

それらの情報を収集し、必要なときに、必要な情報を、必要な形式で伝えられるように、整理しておきます。アナログの情報はすぐに取り出せるようにファイリングし、デジタルの情報はコンピューター上で検索しやすいようにしておきます。

資料・情報誌の発行

医療スタッフに速やかに伝える情報は、資料としてすぐに作成し、医療スタッフに配布したり、掲示板などに張り紙をします。また、情報誌として月に1回くらいの頻度で発行し、医療スタッフが医薬品の情報を手に入れる手助けをします。

最近では電子カルテや情報管理システム、HP上で情報を配信することも増えています。

薬剤部内外からの問い合わせの対応

DI業務でもっとも多い仕事は、薬品についての問い合わせへの対応です。問い合わせは病院内の医師や薬剤師、看護師などから寄せられることが多く、用法・用量をはじめとし、禁忌(その医薬品を使用してはいけない条件)相互作用(複数の医薬品の間で発生する有害な現象)、副作用などの情報を伝えます。

また、院内だけでなく、国内外問わず、あらゆる医療機関、大学、研究機関などから問い合わせを受けます。相手が求めている情報をより早く正確に伝えることが大事な仕事です。

シェアする

関連する記事