管理薬剤師の仕事内容を紹介

管理薬剤師の男性

管理薬剤師とは

管理薬剤師とは薬事法に基づき、調剤薬局やドラッグストア、医薬品卸会社などの拠点ごとに設置が義務付けられている医薬品の責任者のことです。ドラッグストアなどでは、一部の医薬品を除いて、管理薬剤師が店舗内に在籍している時間内でなければ、医薬品を販売することはできません。

仕事内容

医薬品の情報提供業務

お客さんや患者さんから医薬品についての相談を受けた時には、医薬品の効果・効能・用法・用量などを正しく伝え、購入の手助けとなります。医薬品についての苦情があれば、それについても対応します。

これは他の薬剤師がいれば、その薬剤師に任せることもできますが、ドラッグストアなどで、自分しか薬剤師がいない場合には、管理薬剤師が行います。

従業員の監督業務

医薬品についての相談を受ける従業員が、患者さんやお客さんに対して、正しく薬の効果や用法用量を伝えているかを確認します。誤った情報を伝えている場合や、伝え方が不適切である場合には、きちんと教育をします。

また、薬局やドラッグストアなどの店舗では、従業員のシフト管理や勤怠管理も管理薬剤師の仕事になることもあります。

医薬品などの管理業務

医薬品の保管環境や期限などをチェックする品質管理業務、購入計画や発注などの購入管理、在庫数の把握などの在庫管理業務、売上伝票の確認などによる供給管理業務などの業務があります。

調剤薬局やドラッグストアなどでは、在庫管理業務は大事となり、多すぎても在庫の品質低下になるのでよくありませんし、少なすぎても必要なときに提供できなくなってしまいます。季節や過去のデータを見ながら、適正な在庫を確保しておくことが大事です。

DI(医薬品情報)管理業務

DIとは(Drug Information)の略称で、医薬品情報について取り扱う業務のことを指します。大きな病院や製薬会社では必ずと言っていいほど、DI室(医薬品情報管理室)が設けられ、医薬品についての情報を集中的に管理し、それを必要とする医師や看護師、薬剤師、そして患者さんへ伝える役割があります。

調剤薬局やドラッグストア、製薬卸会社などでも、DI管理業務は必要となり、厚生労働省や病院、製薬会社などから寄せられる医薬品についての情報(禁忌、相互作用、副作用など)を収集・管理し、それを従業員に伝えます。

シェアする

関連する記事