ビューティケアアドバイザー

ビューティケアアドバイザー

ビューティケアアドバイザーとは

ビューティケアアドバイザーは、美容分野での悩みや要望を解決するための知識を習得し、スキンケアやヘアケアなど具体的なアドバイスができる人材を認定する資格です。

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が実施している資格で、ドラッグストアで働く女性が仕事や知識の幅を広げるために取得するケースが多いです。

また男性の薬剤師は、身体や医薬品に対する知識はありますが、美容関連についてはあまりよく知らないケースが非常に多く、ビューティケアアドバイザーの勉強をすることで、幅広い知識を学ぶことができます。

ビューティケアアドバイザーの知識は、美容に興味のある女性向けだと思われがちですが、美容関連の知識が乏しい男性ほど学習する価値がある内容です。

薬剤師が資格を取得するメリット

1.美容関連の幅広い知識が身につく

ビューティケアアドバイザーは、 美容分野での悩みや要望を解決できる人材を認定する資格です。特に美容関連の知識に精通している男性の薬剤師は、非常に貴重です。

女性の顧客に対して化粧品やスキンケアなど総合的なアドバイスしたい。男性の顧客に対してヘアケアや美容関連のアドバイスをしたい。という時に、非常に役立つ知識を身につけることができます。

2.活躍できる職場が広がる

ビューティケアアドバイザーの資格があれば、ドラッグストアでの就職は有利になります。調剤だけでなく化粧品や美容に関する知識も持っていいることの証明になるからです。

調剤薬局や病院と違い、ドラッグストアではお客ざまに合った商品を提案する力が求められます。ビューティケアアドバイザーの資格はその力を証明する1つの方法です。

資格をとるには

ビューティケアアドバイザーは国家資格ではなく、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が実施している資格です。

資格を取得するには、まずJACDSのビューティケアアドバイザー養成講座を受講する必要があります。テキスト(約550ページ)による学習と添削問題(6回)、スクリーング(集合教育)、DVDによる通信教育で養成期間は8ヶ月です。

通信教育が終了してから2ヶ月後、2日間スクリーング(集合教育)を受講し、認定試験(学科・応対実技)の合格基準を満たすことで、ビューティケアアドバイザー会員として登録されます。

認定有効期間は3年間で、研修会の参加やレポートの提出などの認定基準をクリアすることで、資格を更新することができるシステムになっています。

シェアする

関連する記事