日本糖尿病療養指導士(CDEJ)

日本糖尿病療養指導士の女性薬剤師

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは

日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病治療を受ける患者に生活指導する医療スタッフのことです。

糖尿病の治療においては生活改善をしっかりと行うことが非常に大きな効果を持ってくるとされており、専門家と患者が二人三脚のような状態で着実に症状を良くしていくことが強く望まれています。

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)はまさにこのエキスパートであり、そのための専門知識、技術、経験を持ち合わせた医療従事者のみに与えられる資格となります。

資格としての歴史はまだまだ浅いですが、糖尿病患者の増加に伴い、今後に大きな期待が寄せられている資格の一つとなります。

薬剤師が資格を取得するメリット

糖尿病の治療に関する専門知識を身につけることができるのは最も大きなメリットです。資格取得の過程で、糖尿病の基本的な知識や、治療、生活指導の方法などの知識を学ぶことになるので、糖尿病に関わることの多い薬剤師にはすぐに役立つ知識を身につける事ができます。

また、資格を取得後に、地域の研修会や講習会に参加する機会が増えたという人も多く、他職種(薬剤師・臨床検査技師・栄養士・理学療法士)との連携や、ネットワークが広がるというメリットを感じる人も少なくありません。

糖尿病患者の増加や高齢化社会の到来に伴い、非常に注目度の高まっている資格で、臨床現場でも信頼されている資格なので、取得するメリットは大きいと言えます。

資格をとるには

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)を取得するためには、大前提として薬剤師等の資格を有していることが必要です。

その上で、「現在または過去10年以内に2年以上継続して「勤務しかつ糖尿病患者の療養指導業務に従事」した方で、かつこの間に通算1,000時間以上糖尿病患者の療養指導をおこなっていること」が必要となります。

それらの条件を満たした上で講習会を受講し、受験資格審査に通れば、認定試験の受験資格を得ることができます。

シェアする

関連する記事