治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターの女性薬剤師

治験コーディネーター(CRC)とは

治験コーディネーター(Crinical Research Coordinator)は、治験実施医療機関で医師の指示のもと、治験に関わる業務を行う薬剤師や看護師などの医療関係者です。

労働衛生コンサルタントの求人募集は企業や病院が行っており、仕事内容は治験依頼者・医療機関スタッフ・被験者の間に立ち、治験がスムーズに行われるように調整(コーディネート)することです。

治験開始前の資料作成、被験者への対応や相談、医師の補助、協力者への連絡と説明、治験依頼者への報告と対応など治験全般をサポートが主な業務です。

治験コーディネーターの資格がなくても仕事をすることはできますが、資格を持つことで、信頼性が高まり、転職がしやすくなります。

年収は経験や能力、就職先によって変わってきますが、400万円〜600万円くらいの求人が多く、薬剤師にとっては調剤薬局で働いた場合と同じくらいの収入を得ることができます。

ただし給料の上り幅は、調剤薬局や病院などに比べると高い傾向があるので、長期的な視点で考えればより多くの収入を得ることができます。

薬剤師が資格を取得するメリット

1.就職・転職が有利になる

薬剤師であれば、治験コーディネーターとして歓迎されます。それは資格があるからというだけではなく、薬品や病気に関する専門知識があり、医師や看護師そして患者さんの意図や気持ちが理解できるからです。

治験はさまざまな医療関係者の関わる『チーム医療』です。そのことを理解できている薬剤師は、企業や病院からすれば非常に貴重な人材です。

2.昇進・昇給が期待できる

認定資格がなければ、治験コーディネーターになれないわけではありませんが、少しでも良い条件で働くためには、資格があって損することはありません。

実際のところ、治験コーディネーター認定資格があれば、企業によっては昇進や昇給の時に有利ですし、転職するときにも有利になります。

資格をとるには

治験コーディネーター認定資格は、国家資格ではありませんので、試験を主催している団体によって試験内容・スケジュールが異なります。主な協会は、

・日本SMO協会
・日本臨床薬理学会
・SMOネットワーク協同組合
・SoCRA Japan

などで、日本SMO協会と日本臨床薬学会は受験資格として2年以上の実務経験が、SMOネットワーク協同組合は1年6ヶ月以上の実務経験が必要です。

難易度は日本臨床薬学会が一番高く、認定基準もそれだけ厳しく設定されています。最も取得数が多いのは、日本SMO協会 の認定資格です。

働いている企業、就職を考えている業界によって、有利となる資格は異なりますので、自分がどのような企業で働きたいのかを考えて、ベストな資格取得を目指しましょう。

シェアする

関連する記事