MR(医薬情報担当者)

医薬情報担当者のクリアファイル

MR(医薬情報担当者)とは

MR(医薬情報担当者)とは、医療の知識、専門的な知識を持っている営業職となります。これはどのようなことかというと、医師をはじめとする専門職に対して医療品の情報を提供していく、医薬品等の紹介をしていくことを目的とする資格ということになります。

商品を売り込むというよりも、どのような商品があるのかを紹介し医療業界をより良くしていこうとする職業、資格となります。また同時に医薬品等の効果を測定していったり、それらの情報を医療現場の専門職に提供していくことも仕事としています。

情報を提供し、それによって医療ミスを減らし、よりより医薬品の導入を促進するこの医療情報担当者は医療現場において欠かすことができない仕事のひとつであり、薬剤師としての独特な働き方の1つとなります。

薬剤師が資格を取得するメリット

1.信頼性の向上

MR(医薬情報担当者)の資格がなければMRの仕事を出来ない訳ではないですが、多くのMRがこの資格を取得しています。資格があることで、基本的なスキルの証明になるので、病院の医師などから信頼を得るためには欠かせません。

2.幅広い知識を身につけられる

医療情報担当者として仕事をしていくと、非常に多くの業界の人と触れ合うことができ、医療について総合的な知識を身につけていくことができます。医療現場等で接点を持つことも当然あれば、医薬品の開発の現場に接点を持っていくこともあります。非常に広い業界で活動をしていくことになるので、臨機応変な行動力、そして幅広い知識が求められますが、薬剤師として多くの知識を得られるというのは、専門家としての大きな成長につながります。

3.対人スキルの向上

営業等の技術も身につけていくことができる一方で、患者等との接し方についても専門的に学んでいくことができるので、対人スキルも大きく伸ばしていけるのが特徴であり、最大のメリットであると言えるでしょう。

資格をとるには

資格を取得するためには、製薬会社の教育課程を修了していく方法もありますが、医療情報担当者教育センターの研修を300時間受けるという方法もあります。それらの研修を受けることで、資格試験の受験資格を得ることができます。

試験は毎年12月に東京と大阪で行われます。合格率はおよそ8割程度なので、普通に勉強していれば問題なく合格できるレベルの試験です。

シェアする

関連する記事