食品衛生監視員

食品衛生監視員がチェックしている様子

食品衛生監視員とは

食品衛生監視員は、食の安全を守ること、及び、食品衛生の適切な管理・指導することが目的の資格です。保健所には必ず食品衛生監視員を配置することが義務付けられています。

食品衛生監視員は国家公務員として検疫所で働く場合と、地方公務員として保健所で働く場合の2パターンがあります。

検疫所で働く場合には、輸入食品の監視、病原菌などの検査、海外からの来航する船舶や航空機の検疫、乗組員の検疫などの業務を行います。

保健所で働く場合には、飲食店の営業許可や、衛生状態の立ち入り監視、食中毒の検査、食品の苦情対応などの業務を行います。

薬剤師が資格を取得するメリット

薬剤師として医療現場以外での業務になる資格の一つとなります。食品の衛生状態を維持していくことや食中毒を予防していくのほかに、感染症の予防や、衛生状態全体への関心・安全への配慮をしていくことも仕事のひとつとなります。一般的な薬剤師とは違う使命感を求められていく一方で、薬剤師としての専門知識をフル活用していくことができます。

この資格を保有しておくと、保健所や検疫所で活躍することができます。その場合は国家公務員、あるいは地方公務員として勤務することになるので、安定性という面では非常に魅力的な資格です。

資格をとるには

食品衛生監視員の資格を得ていくためにはまず年齢制限があります。21歳以上で30歳未満である必要があります。薬学部等の大学を卒業している、卒業見込みであることが最低条件となります。

この条件を満たしつつ、厚生労働大臣によって認定されている養成施設で研修を受けていくことが必要です。合格率は10パーセント前後と決して簡単な資格ではありません。試験自体もとても専門性の高いものであり、誰でも挑戦できる試験ではありません。明確な目標を持ち、食品衛生監視員としての義務、使命を果たしていこうという明確な意思が必要になります。

ただ、一度資格を保有することができれば、しっかりと職場で仕事をしていくこともできるので、資格の難易度を乗り越えていく価値はあるでしょう。薬剤師として食品業界に携わっていきたいと考えている人にもオススメできる資格となります。

シェアする

関連する記事