ヘルスケアアドバイザー

ヘルスケアアドバイザーの薬剤師と患者

ヘルスケアアドバイザーとは

ヘルスケアアドバイザーは、病気や薬だけでなく食事・運動・生活環境などを幅広い知識を生かし、病気の予防や治療に適切なアドバイスができる人材を認定する資格です。

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が実施している資格で、医療・介護関係者が仕事や知識の幅を広げるために取得するケースが非常に多いです。

特にドラッグストアで勤務している薬剤師は、ヘルスケアアドバイザーの資格を取得することで、幅広い知識を学べるだけでなく、キャリアのステップアップとして評価されやすいです。

将来的にドラッグストアでの勤務を考えている薬剤師の方が、ドラッグストアで必要とされる知識を学ぶために、ヘルスケアアドバイザーの講座を受けるというのも非常に理にかなっています。

薬剤師が資格を取得するメリット

1.生活全般の幅広い知識が身につく

ヘルスケアアドバイザーは、 病気の予防や治療に適切なアドバイスができる人材を認定する資格です。資格を取得する過程で、病気や薬・栄養・食事・運動・環境など生活全般に関わる幅広い知識を身につけることができるため、薬剤師が持つ医療や薬の知識と結びつけることで、非常に市場価値の高いスキルとなります。

2.活躍できる職場が広がる

ヘルスケアアドバイザーの資格があれば、ドラッグストアでの就職は有利になります。特に病院や調剤薬局で働いていた薬剤師が転職するときは、非常に効果的です。

今まで身につけた調剤スキルに加えて、ドラッグストアでもすぐに活躍できる人材として扱ってもらえます。面接の時のアピールポイントとして役立つ資格です。

資格をとるには

ヘルスケアアドバイザーは国家資格ではなく、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が実施している資格です。

資格を取得するには、まずはJACDSのヘルスケアアドバイザー養成講座を受講する必要があります。テキスト(約1600ページ)による学習と添削問題(12回)、DVDによる通信教育で養成期間は12ヶ月です。

通信教育が終了後、1年間に2回実施される認定試験を受ける資格が与えられます。この試験で合格基準を満たすことで、認定書の交付と認定登録が行われヘルスケアアドバイザー会員として登録されます。

認定有効期間は3年間で、研修会の参加やレポートの提出などの認定基準をクリアすることで、資格を更新することができるシステムになっています。

シェアする

関連する記事