メディカルアロマセラピスト

アロマセラピー

メディカルアロマセラピストとは

メディカルアロマセラピストは、エッセンシャルオイル(精油)を用いて治療・緩和ケア・健康管理を行う専門資格です。

ヨーロッパで広く普及しており、アロマテラピーのようなトリートメントだけでなく、エッセンシャルオイル(精油)が医薬品として認められており、薬として飲むケースもあります。

ただし医療行為としてを行う場合、医師の資格が必要になります。エッセンシャルオイル(精油)の効果だけでなく、その危険性もきちんと理解して扱う必要があるということです。

日本では、ほとんど医薬品として認められてはいないので、気分を落ち着けたり、マッサージをしたりといった治療の補助的なトリートメントが中心になります。

高品質の医療を求める病院などの医療機関で導入されており、女性の多い産婦人科などでは出産前のストレス軽減などに用いられています。今後さらに需要が拡大すると予想されます。

薬剤師が資格を取得するメリット

1.科学的知識と医療の経験が生かせる

メディカルアロマセラピストは、 患者を治療・緩和ケア・健康管理を行う仕事です。エッセンシャルオイル(精油)に関する科学的知識が必要になり、体調や心理状態など医療の経験が役立ちます。

エッセンシャルオイル(精油)は、どのようなメカニズムで身体に影響を及ぼしているのか、原材料となる植物について、患者さんはどのようなことに苦しんでいるのかなど、様々な疑問をスムーズに理解できます。

2.活躍できる職場が広がるる

メディカルアロマセラピストの資格があれば、アロマテラピーに関する専門家として扱われます。さらに薬剤師であるため、高品質の医療を求める病院などでは非常に重宝されます。

交通網の発達とインターネットの普及により、病院は選ばれる時代になり、今後さらに高品質の医療が求められるようになります。メディカルアロマセラピストは、将来的に高い可能性を秘めている資格です。

資格をとるには

メディカルアロマセラピストは、国家資格ではありませんので、試験を主催している協会によって試験内容・スケジュールが異なります。主な協会は、

・日本アロマセラピー統合医学協会
・日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)
・インターメディアリークリニカルアロマセピー協会(ICAA)

などで、いずれも講座・セミナーを履修後、メディカルアロマセラピスト認定試験に合格することで、資格を取得できます。

試験内容は、アロマテラピーの歴史・エッセンシャルオイル(精油)の成分や由来・人体や患者心理とメディカルアロマの実践法など多岐に渡ります。

また本場のヨーロッパでメディカルアロマセラピストの資格を取得する人も年々増加しており、メディカルアロマを専門職として極めたい人は海外で資格を取得するという道もあります。

シェアする

関連する記事