がん薬物療法認定薬剤師の資格をとるメリット

がん薬物療法認定薬剤師の女性

がん薬物療法認定薬剤師とは

日本病院薬剤師会が認定している認定薬剤師の資格の一つで、がんの薬物療法に特化した知識をもつ薬剤師を客観的に評価することを目的としています。

がんの薬物療法は年々発展している状況であり、薬についての効果・副作用などについての最新の知識を有する薬剤師の存在は非常に重要になっています。

認定試験制度がスタートする前は、薬剤師が個別に学習するしか方法がありませんでしたが、認定試験制度によって、知識を習得する場を作り、それを客観的に評価・証明できるようになりました。

資格を取得するメリット

資格を有しているからといって、手厚い資格手当があるわけではありませんが、日進月歩で進むがん医療の最新情報を有していることは、患者さんとの関わりの中で大きな力を発揮します。がんの薬物療法を受けている患者さんの不安や疑問に対して、薬剤師の視点から専門的な話ができることは、大きなメリットです。

また、キャリアアップという点においても、専門性の高い薬剤師として病院や会社内で高く評価される他、転職市場においても、他の薬剤師よりも有利に転職活動をすることができます。

資格をとるには

がん薬物療法認定薬剤師として認定を受けるためには、下記の9項目すべてを満たしている必要があります。

  1. 日本の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること
  2. 薬剤師としての実務経験を5年以上有していること、かつ、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本女性薬剤師会のいずれかの会員であること。
  3. 日本医療薬学会、日本癌治療学会、日本薬学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床薬理学会、日本緩和医療学会、日本癌学会、日本緩和医療薬学会、日本臨床腫瘍薬学会のいずれかの学会の会員であること
  4. 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、あるいは日本医療薬学会認
    定薬剤師、生涯研修認定制度による認定薬剤師、日本臨床薬理学会認定薬剤師のいずれかの認定を受けていること
  5. 日本病院薬剤師会が認定する研修施設にて、薬剤管理指導業務、抗がん薬注射剤混合調製、薬物血中濃度モニタリング、緩和ケア等の実技研修を3ヶ月以上、あるいは、研修施設にてがん薬物療法に3年以上従事していること
  6. 日本病院薬剤師会が指定するがん領域の講習会において、所定の単位(40時間、20単位以上)履修していること。(40時間のうち12時間、6単位以上は、日本病院薬剤師会主催のがん専門薬剤師に関する講習会の受講が必要)
  7. がん患者への薬剤管理指導の実績50症例以上(複数の癌種)を満たしていること
  8. 病院長あるいは施設長等の推薦があること
  9. 日本病院薬剤師会が行うがん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格していること

※平成26年2月8日改定の募集要項を元に作成しています。最新かつ正確な募集要項は必ず主催団体である日本病院薬剤師会のがん専門薬剤師部門に確認してください。

認定試験について

問題は全50問。5択の選択式です。問題は基本的な知識から、マニアックな知識まで幅広く問うのが特徴です。例えば、過去で出題された問題としては、腫瘍マーカー(CEA、CA15-3、PSA、AFP、CA19-9)、各種抗がん剤の作用機序、各種抗がん剤のプロフィール、分子標的薬のプロフィール、抗がん剤の調整方法などについて、出題されています。(平成26年度の出題範囲:https://www.jshp.jp/2014bcpop-test2/20141116hani.pdf
合格の基準は非公開ですが、受験者の上位3名の得点平均の75%の点数がボーダーラインとなっている可能性が高いといわれています。例えば、上位3人が全員100点であれば、75点がボーダーライン、上位3人が90点であれば、67.5点がボーダーラインということになります。

合格率は例年50%となっており、認定薬剤師の試験の中では、難易度が高い試験であると言われています。

シェアする

関連する記事