プライマリ・ケア認定薬剤師

プライマリ・ケア認定薬剤師

プライマリ・ケア認定薬剤師とは

プライマリ・ケアとは、受診のしやすさを特徴とする総合的なヘルスケアサービスのことで、健康や病気、福祉に関わるあらゆる問題を、総合的に解決していこうとする「地域での実践医療活動」と言い換えることができます。

プライマリ・ケア認定薬剤師とは、地域医療を重視し、そこに焦点を置いた医療を展開できる知識やスキルを有した薬剤師を認定する制度です。プライマリ・ケア認定薬剤師は、地域医療の専門家であり、知識や技能をしっかりと認められた存在、医療従事者となります。

プライマリ・ケアには多くの能力が必要となります。他職種との連携や、地域性への理解等、薬剤師以外の能力も必要になります。プライマリ・ケア認定薬剤師はこのような理解をしっかりとしていることが大前提であり、薬剤師だけでなく、地域の人、医療従事者等を多くの人を巻き込んだ医療を展開していく必要があります。

薬剤師が資格を取得するメリット

プライマリ・ケア認定薬剤師の資格を取得することで、服薬指導だけでなく、もっと包括的な人生全体を見据えたアドバイスができる薬剤師を目指すことができます。

資格取得の過程で、OTC医薬品やサプリメントの活用方法や、栄養・運動、福祉などに関する幅広い知識を身につけることができるので、それらの知識を生かして、地域医療の大切な役割を担うことができます。

高齢化社会の到来に伴い、在宅医療に対する関心は高まっています。将来性もある資格になるので、非常にメリットの大きい資格です。

資格をとるには

プライマリ・ケア認定薬剤師は一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会によって認定されます。認定証を発行してもらうためには、所定の単位数を満たしておく必要があり、はじめて認定証をもらう場合には50単位以上、資格を更新していく場合には30単位以上を特定の期間内で満たしておくことが必須条件となります。

単位取得については学会のホームページ3に詳しく記載されているので、しっかいとチェックし、計画的に単位を取得していくことが大切です。

資格取得までの道のりはなかなか険しいものであり、難易度は決して低くありません。それゆえに資格を持っていることの恩恵は大きく、何より薬剤師として確実にレベルアップをしていくことができるでしょう。薬剤師として視野を広げていきたいと思っている人にもオススメできます。

シェアする

関連する記事