スポーツファーマシスト

スポーツする人"

スポーツファーマシストとは

スポーツファーマシストとは、スポーツをしている人に対して、ドーピングの禁止薬物や正しい薬の使用法などの情報を提供し、薬学の視点から、スポーツをする人をサポートする資格です。公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)と日本薬剤師会が創設し、2009年から認定を開始しました。

ドーピングには意図的にドーピングする場合と、不注意で禁止物質を摂取してしまう「うっかりドーピング」がありますが、日本では「うっかりドーピング」の方が多く、それを防ぐこともこの資格制度が創設された理由の一つです。

また、スポーツ選手だけではなく、趣味でスポーツを楽しむ人や子供、高齢者に対して、薬について正しい知識を持ってもらうよう教育、指導をしていくこともあり、その活躍の舞台は広がりつつあります。

スポーツファーマシストとして仕事をしている人はまだまだ少ないですが、健康志向の高まりにより、将来的にはスポーツクラブやフィットネスクラブなどのスポーツを楽しむ人が集まる施設で需要が高まることが予想されています。

薬剤師が資格を取得するメリット

薬剤師として、このスポーツファーマシストの資格を保有していくメリットは、薬剤師として医療面だけでなく、スポーツ、健康、教育の面で深く活動をしていける点にあります。薬の正しい利用の仕方をはじめ、ドーピングの恐ろしさや、違法性等を含めて、将来のスポーツマンを育てていく上で重要な存在になり得ます。

近年、世界的にドーピングについての関心は非常に強くなってきています。薬剤師等をはじめとする専門家がドーピング等に興味を持ち、予防していくという動きは、今後世界的にも大きくなっていくことが予想されます。

特に、スポーツ業界において薬剤師のニーズはとても強くなっており、オリンピックをはじめ、世界陸上やワールドカップ等の場面で、薬剤師が活躍していく機会も増えていくと考えられています。

資格をとるには

スポーツファーマシストの資格取得には薬剤師の資格が必要になります。(年齢不問)

毎年4月から5月ごろに募集が開始され、その後夏ごろまでに基礎講習が行なわれます。その後、実務講習、試験を経て、無事に試験に合格すれば、認定証が発行されます。

認定期間は4年間ですが、認定後も資格維持のためには、実務講習会を受講し続けることが必要です。

シェアする

関連する記事