サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーの薬剤師

サプリメントアドバイザーとは

サプリメントアドバイザーは日本臨床栄養協会によって認定される資格であり、適切にサプリメントを利用していけるようにアドバイスをする専門家としての資格になります。

サプリメントは薬剤とは違うため、一般の人でも比較的自由に購入していけるものですが、利用の仕方によっては思わぬ副作用を呈してしまうものもあります。サプリメントアドバイザーはそのような副作用を抑制しつつ、食生活の改善や栄養補給をより効率的にしていけるようにサポートします。

医療機関だけではなく、消費者センター等で仕事をしていく際にアピール材料の一つになるため、幅広く仕事をしていきたい、多くの人の相談に乗りたいという場合に効果的な資格となります。

薬剤師が資格を取得するメリット

患者さんやお客さんは薬だけでなくサプリメントを使用している場合があります。特に高齢の方は健康維持のために複数種類のサプリメントを使用している場合があり、より適切なアドバイスをするためにはサプリメントに関する知識は欠かせません。

サプリメントアドバイザーの資格を通じて、サプリメントについての基本的な知識を身につけることができますし、定期的に行われるフォーラムやセミナーなどから最新の情報を得ることができるようになります。

「目の調子が悪いけど、薬を使うほどではないからいいサプリメントを教えて欲しい。」「サプリメントに含まれる成分は服用中の薬と一緒に飲んでも大丈夫?」「骨粗鬆症なのでカルシウムを摂りたいけど薬とサプリメントのどちらから選べばいいの?」など、患者さんやお客さんの疑問や不安に正しい知識で答えることができるようになります。

薬剤師としてのスキルアップにつながる資格なので、ぜひとっておきたい資格です。

資格をとるには

サプリメントアドバイザーになるためには、大前提として日本臨床栄養協会に入会しておくことが必要になります。入会した後、通信教育として講座を受けていき、認定に必要な単位を取得していくことになります。

認定試験は一年に一回であるため、一度落ちてしまうと次の年まで資格を取得することができなくなる点に大きな注意が必要です。認定されたとしても5年ごとに更新が必要になるため、常に自己研鑽をしていく高い目的意識を必要としていきます。

※上記の通信教育としての講座を受けなくても、日本臨床栄養協会学術大会に参加をすることでも単位を取得していくことができますが、この大会のみで単位を取得使用と擦る場合、4年という期間が必要であり、できるだけ早く資格を取得していきたいという人にはあまりオススメできません。すでに学会に入っており、大会にも参加している人に対しての補助的な選択肢と考えておくと良いでしょう。

シェアする

関連する記事