病院・クリニックで働く薬剤師の仕事内容と役割

病院・クリニックで働く薬剤師

病院・クリニックでの仕事内容

調剤・製剤業務

医師の処方せんに応じて、医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)します。処方せんに不備があれば医師に疑義照会してから、調剤します。病院では、医療に必要な、発売されていない薬を造る業務(製剤業務)もあります。

服薬指導

患者さんが正しく服薬できるように、薬の効果や用法、用量を伝えます。患者様から質問や相談があれば、それに答えます。

薬歴管理

複数の診療科にかかっている場合、それぞれの処方が適切であっても、薬の飲み合わせが起こる可能性があります。これを防ぐために、薬物療法のための医薬品の情報を患者別に集約し、管理できるようにします。

医薬品の管理

必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように医薬品を管理することも薬剤師の仕事です。特に温度や湿度、光などによる医薬品の成分・性質の変化には神経を使い、万全の体制で薬を提供できるように努めます。

医薬品情報の管理

薬剤師は薬のスペシャリストです。数多くある薬の種類や効果、副作用についての情報を収集し、それを管理します。薬についての情報を医師や看護師などに提供し、適切な治療ができるように支援します。

薬剤師の役割

薬剤師は病院内の薬のスペシャリストとして、患者さんが医薬品を効果的、かつ安全に使用できるように指導することが最も重要な役割です。相談や質問があれば、それにわかりやすく答え、患者さんの服薬に対する不安を和らげてあげます。

入院している患者さんに対しては、患者さんの症状や顔を見ながら、医師や看護師と相談し、適切な調剤・製剤をすることも役割です。チーム医療における薬剤師の役割は非常に大きいといえます。

また、病院内にある薬の管理や患者さんが服薬している薬の情報の管理は、適切な服薬には欠かすことができません。それぞれの処方が適切であっても、薬の飲み合わせが起こる可能性があるからです。薬によるアクシデントや事故を防止するというのも薬剤師の重要な役割なのです。

病院・クリニックで働くやりがい

チーム医療の一員として、医療の最前線で薬剤師としての知識や技術を生かせることは、他の職場では得られないやりがいです。調剤・製剤業務についても、処方せん通りに薬を作るだけでなく、チーム医療の一員として、薬剤師としての知識や経験を生かし、意見を出すことができます。

また、専門領域での最新の知識・技能が薬剤師に求められるようになり、専門的な知識やスキルが身につくのは病院・クリニックで働くやりがいのひとつです。専門資格としては、がん専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦授乳婦専門薬剤師、感染制御専門薬剤師などもあります。

そしてなにより、患者さんと深く関わることになるため、自分が関わった患者さんの病気がよくなったとき、治療に効果があったときなどには、自分の存在意義を感じることができます。

シェアする

関連する記事