調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容と役割

pharma_076

調剤薬局の仕事内容

調剤薬局は医薬分業を進める国の方針で生まれた薬局のかたちです。病院は診察・注射・検査処理等の医療行為に専念し、薬歴管理や服薬指導などお薬のことは薬剤師が専門で扱うことで、医療の効率化を図ってきました。

主な仕事内容は、患者様の処方せんにもとに医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)し、そのお薬を患者様に説明することです。

持ち込まれた処方せんに不備がないかをチェックすることや、患者様のお薬手帳を確認して、重複投薬や相互作用の危険がないかをチェックします。これを処方せんの鑑査と呼びます。

また、服薬指導では、患者様に薬の用法・用量、服用の仕方、保存の注意点など、患者様にわかりやすく伝えます。患者様から質問や疑問があれば、それの答えてあげることも大事な仕事のひとつです。

管理薬剤師になれば、これらの業務に加えて、医薬品の在庫、レセプトの集計など、管理の仕事もすることになります。

薬剤師の役割

調剤薬局における薬剤師の役割は、「専門知識を用いて調剤すること」「医療機関との橋渡し役となること」「患者様の服薬を手助けすること」、この3つになります。

「専門知識を用いて調剤すること」は薬剤師がもつ専門的な医薬品の知識を活かし、医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)します。

「医療機関との橋渡し役となること」は、医師から出された処方せんについて不備がないかを確認することを指し、処方せんに不備があれば、医師に対して疑義照会をします。服薬は重大な事故につながることもあるので、この疑義照会をする薬剤師の役割は大きいものがあります。

「患者様の服薬を手助けすること」は、患者様とコミュニケーションをとりながら、服薬指導をすること、および、患者様が抱いている不安を取り除いてあげること、これらが薬剤師の役割になります。

調剤薬局の仕事のやりがい

調剤薬局では、薬剤師が中心となって仕事ができることは大きなやりがいのひとつです。病院やドラッグストアなどでは、必ずしも薬剤師が中心というわけではないですが、調剤薬局では薬剤師が中心となって、調剤、服薬指導、医薬品管理などの業務の臨みます。

また、調剤薬局にもよりますが、最新の医薬品に関われることもやりがいのひとつです。最先端の医療に関わっていることで、日々、新たな知識や技術が必要になるため、それを習得する過程を楽しんでいる人も多くいます。

あとは、患者様とコミュニケーションがとれることもやりがいになります。服薬指導のあとに、患者様が安心してご帰宅される姿をみたり、自分が調剤した薬で元気になってくれたり、お礼をいってもらったりするときは、最も薬剤師としてのやりがいを感じられるときだと思います。

シェアする

関連する記事