ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容と役割

ドラッグストアで働く女性薬剤師

ドラックストアは薬剤師における人気の職場の一つであり、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?
セルフメディケーションに貢献することのできるドラッグストアは、今後の社会においても注目されています。
新卒薬剤師からの人気も高まっており、働いている薬剤師も年々増えてきています。

そこでここでは、ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容や役割についてご紹介します。

ドラックストアで働く薬剤師の仕事内容は?

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容を、下記にまとめました。

・OTC医薬品の販売
・健康相談
・調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)
・品出し、陳列
・レジ対応
・売り場作り、POP作り

ドラックストアと調剤薬局の最大の違いは、OTC医薬品の販売ができるかどうかということです。もちろん、調剤薬局においても一部のOTC医薬品を扱っていることはありますが、その数は限られてしまいます。ドラッグストアでは数多くのOTC医薬品を取り扱っているので、選択肢が非常に豊富です。患者さんごとに適したOTC医薬品や健康食品を販売することで、病気の予防から簡単な薬物治療までを担うことができるため、多くの方がやりがい感じながら働いています。

一方で、企業によっては品出しやレジ対応などの雑務が多いため、肉体面の負担は大きいといえます。売り場作りやPOP作りなどは薬剤師の専門知識が必要というわけではなく、積極的に取り組めないという方も少なくはありません。

ドラッグストア薬剤師のメリットとデメリット

ドラッグストアで働くことのメリットとしては、次の4つが挙げられます。
・患者さんとの距離が近い
・OTC医薬品の知識が身につく
・年収や勤務条件が良い
・様々な処方箋を扱える

患者さんとの距離が近い

病院やクリニックでは医師が治療の中心を担うため、薬剤師はサポートにまわることがほとんどです。しかし、ドラッグストアでは薬剤師が医薬品の専門家として、患者さんから健康や悩みの相談を受け付けます。「なじみの薬剤師さん」を頼って来店される方も多く、うまく悩みが解決できた時にはとても喜ばれます。

OTC医薬品の知識が身につく

調剤薬局では、医療用医薬品の知識は身につきますが、OTC医薬品についてはなかなか学べません。本などで勉強することも可能ですが、ドラッグストアで実際にOTC医薬品を販売する方が近道となるものです。OTCに詳しい薬剤師になれば、今後のセルフメディケーションにおいても力を発揮することが期待できます。

年収や勤務条件が良い

ドラッグストアでは、病院や調剤薬局に比べると年収が良いといわれています。産休育休制度なども充実していることが多く、良い勤務条件で働くことができるのです。シフト制であることから連休を取得しやすい場合もあり、旅行が趣味の方にも人気の職場です。調剤報酬のみに依存しているわけでもないので、医療費抑制の影響も受けにくく、経営も安定しているといわれています。

様々な処方箋を扱える

こちらは調剤併設型のドラッグストアに限られますが、面で処方箋を受けることの多いドラッグストアでは、様々な病院や科目の処方箋を受け付けます。来局される患者さんの年齢層も幅広いため、幅広い疾患の勉強ができるのです。治療か完了した後も、予防のためのサプリメントの提案を提案したり、健康増進のためのアドバイスをしたりと、活躍の場面は広がります。

一方で、ドラッグストアで働くことのデメリットとしては、次の3つが挙げられます。
・医薬品販売以外の業務もある
・勤務時間が不安定になりやすい
・日祝日の勤務も当たり前

医薬品販売以外の業務もある

ドラッグストアでは、医薬品の販売だけでなく、食品や日用品を販売することも求められています。品出しやレジ打ちでへとへとになってしまうこともあり、「せっかく医薬品の勉強を何年もしたのに、誰でもできそうな仕事をするなんて!」と考えてしまうもの。売り場作りやPOP作りも、楽しめる方なら問題はありませんが、苦手な方にとってはゆううつの原因となってしまうのです。

勤務時間が不安定になりやすい

ドラッグストアの中には24時間営業をしている店舗もあるため、働くスタッフの勤務時間は不安定になってしまいがち。13時~22時や15時~24時という遅番シフトも実際にあるので、ワークライフバランスに影響が出てしまいます。

日祝日の勤務も当たり前

日曜日だけでなく年末年始、ゴールデンウイーク、お盆など、世間がお休みの間もドラッグストアは営業しています。家族で予定を合わせたり、他の業種の友人と出かけたりすることは難しくなるかもしれません。

ドラッグストアにおけるやりがい

ドラッグストアにおけるやりがいは、他の業種とくらべてどうなのでしょうか?

製薬会社のMRでは患者さんに触れることが出来ず、数字ばかりに追われて「こんなはずじゃなかった」と悩みをかかえがちなもの。調剤薬局の薬剤師でも、医師の処方箋通りにお薬を正確に調剤することが仕事であり、自身の裁量でお薬を提案することは現実としては難しいでしょう。「予防の為に○○というサプリメントを試すと良いですよ。」と患者さんに提案したところ、門前の医師から「俺の仕事を邪魔する気か!」と怒りの電話がくることも。

しかし、ドラッグストアでは薬剤師の裁量でお薬を提案することもできるので、やりがいを感じながら仕事をしている方が多いといわれています。門前や近隣医院とのしがらみも少なく、患者様さんの求めに対して、素直な受けことができるのです。もちろん勉強はしっかりとしなくてはなりませんが、「あなたに教えてもらったお薬のおかげで良くなった」と言ってもらえた時の喜びは、何事にも変えられないものでしょう。

まとめ

ドラッグストアで働く薬剤師について、様々な角度からご紹介させていただきました。

ドラッグストアは薬剤師が専門性を発揮することが出来る職場であり、やりがいのある職場といえます。もちろん思い通りにいかないことも多く、患者さんに怒られてしまい、つらい思いをすることもあるでしょう。忙しい時期には体力的に疲弊してしまうこともあります。

しかし、自分の中で目指している薬剤師像があれば、多くの困難は乗り越えられるもの。ドラッグストアの仕事に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にして、理想の薬剤師を思い描くようにして下さいね。

シェアする

関連する記事