ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容と役割

ドラッグストアで働く女性薬剤師

ドラッグストアでの仕事内容

ドラッグストアの主な仕事内容は、店舗を訪れるお客様の悩みや症状に応じて、適切な医薬品を選び、服薬についてのアドバイスをすることです。調剤施設が併設されているドラッグストアでは、お客様が持ち込んだ処方せんに応じて、医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)することもあります。

ドラッグストアではお客様の相談内容は多岐にわたり、具体的な病気や症状がある場合や、健康促進のためのアドバイスが欲しい場合、単に日用品を選ぶ相談がしたい場合など、様々です。それらの質問にわかりやすく答えてあげることは薬剤師の大事な仕事です。

また、レジ打ちや商品の品出し、清掃など、店員と同じような仕事をすることもあります。お店の管理も任されれば、売上の管理や販売促進に関わることもあります。

薬剤師の役割

ドラッグストアで働く薬剤師の一番の役割は、お客様からの相談に応じて、医薬品を販売することです。改正薬事法により生まれた登録販売者も多くの医薬品を販売できるようになりましたが、第一類医薬品は薬剤師のみが販売できることもあり、医薬品の専門家としての役割は非常に大きいです。お客様だけでなく、他のスタッフからも頼りにされる存在です。

また、調剤の仕事がある場合には、薬剤師がもつ専門的な医薬品の知識を活かし、医薬品を調剤(混合・粉砕・分包)するという役割もあります。これについては、処方せんに不備がないかを確認することを指し、処方せんに不備があれば、医師に対して疑義照会をします。これも薬剤師にしかできない重要な役割です。

セルフメディケーションが推進される現代では、お客様の身近な相談相手としての役割はますます高まっていくことと思われます。

ドラッグストアで働くやりがい

調剤や服薬指導だけでなく、お客様の相談に応じること、お店づくりに関わること、売上や経営に関わることなどは、ドラッグストアでしか経験できない仕事です。幅広い業務に関われることはドラッグストアで働くやりがいのひとつになります。

他にも、お客様が気軽に相談できることもあり、薬剤師が頼りにされるというのも、やりがいになります。自分が選んだ医薬品でお客様の症状が改善したり、それについてお客様からお礼を言われたときなどは、薬剤師の仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

シェアする

関連する記事