MRとして働く薬剤師の仕事内容と役割

営業中のMR

MRの役割

MRの正式名称は、「医療情報担当者/Medical Representatives」です。製薬会社に属し、自社の医薬品についての情報を医師や薬剤師などへ提供することが主な役割です。膨大な数の医薬品についての効能、服用量、副作用などの膨大な情報を、的確かつ正確に伝達し、医薬品が臨床現場で適正に使用されるようにします。

また、MRはこうした情報提供に加えて、医師や薬剤師からの質問や問い合わせに応え、さらに実際の医療現場から自社製品の安全性や有効性などの情報をヒアリングすることも役割のひとつで、ヒアリングの中で、医療現場から「こんな医薬品があったら」「もっと違った形で使えたら」など、医薬品に関する新しい要望やニーズを収集し、マーケティング部門へフィードバックします。

MRの仕事内容

MR(医薬情報担当者/Medical Representatives)の役割は、医療機関の医師や薬剤師へ、診断や治療に役立つ自社製品情報や各種医療情報を提供することです。具体的には下記のような仕事をします。

  • 医師へのアポイント取り
  • 自社製品に関する資料作成(新薬・有効性・安全性等)
  • 医師に有益な資料作成(最新治療法等)
  • 医師への訪問・情報提供
  • 医療現場からのデータ・情報収集
  • 市販後調査(PMS)の実施協力
  • 卸会社の営業担当者支援

医師への情報提供についてですが、開業医であればじっくりと話ができますが、大学病院などの医師の場合は、仕事の合間の数分、移動中などに端的に情報を伝えなければならないこともあります。

1日の訪問件数としては、2〜5件程度ですが、会社にもよるので、一概にはいえません。

また、仕事のメインは医師への情報提供ですが、医薬品についての情報収集や資料作成、知識の習得にかける時間も多いのが特長です。

MRとして働くやりがい

医薬品は日々新しいものが開発され、販売されます。MRになったからといってそれで勉強は終わりではなく、常に最新の医療や医薬品についての知識を習得することが必要です。それは非常に大変なことで、「どれだけ勉強しても足りない」と嘆くMRも多くいます。

ただ、その分、スペシャリストとしての知識を身につけることができるので、専門性を高めたいひとにはやりがいのある仕事です。

また、専門性の高さから、給与も高めに設定されており、平均でみても年収800万円以上、実績を残しているひとなら、1000万円以上も数多くいます。頑張ったら頑張った分だけ評価してもらえることも、MRのやりがいのひとつです。

シェアする

関連する記事