いますぐ実践!薬剤師のストレスの原因別の対応策6選


薬剤師は病気の患者様に寄り添い、人の命に携わる職業であるので、ストレスも少なくはありません。仕事内容だけでなく、職場の人間関係、患者さんとのコミュニケーション、クレーム、上司との相性なども、ストレスの原因となってしまうことでしょう。

ストレスを放置していると、思わぬミスに繋がってしまうこともあり、業務に支障をきたしてしまいます。そこでここでは、そんなときに活用できる、ストレスの対応策をご紹介していきます。

薬剤師のストレスの原因別の対応策6選

薬剤師がストレスを受けやすい6つの原因と、その対応策をご紹介していきますね。

1.仕事の責任が原因の場合

薬剤師の仕事には、常に責任がつきまといます。医薬品は人体に対する高い効果を有しているため、調剤や投薬においてミスが生じると、最悪の場合は命にかかわります。

病院においては、急性期で生命の危機に瀕している患者さんも多く、常に緊張した状態で業務に臨まなくてはなりません。薬局においても、高度な管理を要する医薬品は多く、有資格者である薬剤師の責任は重大です。これらの責任はストレスにもつながるので、うまく解消していかなくてはなりません。

そんな仕事の責任によるストレスの対応策としては、業務フローの見直しが挙げられます。調剤などの業務をより効率的にして、ミスを起こしにくい体制をつくることで、ストレスを軽減することが出来るのです。複数名による重複確認や機械によるチェックを取り入れることも、おススメです。

2.職場の人間関係が原因の場合

薬剤師においても、職場の人間関係がストレスの原因となることは少なくはありません。特に医療関係の職場においては、女性比率が高いことや、資格による優劣があることも、人間関係に悪い影響を与えてしまいがちです。

薬剤師は周りのスタッフと連携してチームプレイを行わなくてはならないので、人間関係がこじれると業務にも影響が出てしまいます。些細なイザコザがストレスにつながり、十分なポテンシャルを発揮できない原因にもなるでしょう。

そんな職場の人間関係によるストレスの対応策は、日ごろからコミュニケーションをしっかりととることです。あいさつや雑談などを通じて、良好な関係を築いていけるように心がけましょう。どうしても合わない人がいたりうまくいかない場合には、上司に相談してチームを変えてもらうことも一つの選択肢です。

3.患者さんとのコミュニケーションが原因の場合

薬剤師は業務の中で、さまざまな患者さんと接します。病院や薬局には幅広い年代の方が来局され、自分とは歳の大きくはなれた方に服薬指導をしなくてはならないこともあります。

患者さんの中には病気で不安になっている方も多く、やりとりには神経を使います。精神科のようにデリケートな患者さんが多い科目もあるので、日常のコミュニケーションにおいてもストレスを感じることがあるのです。

患者さんとのコミュニケーションがストレスになる場合には、ベテラン薬剤師のトーク術などを教えてもらい、参考にしましょう。また、うまくいかないことがあっても、ある程度は仕事のうちと、割り切るようにしましょう。気にしすぎてしまうと精神的にもまいってしまい、普段の業務やプライベートにも悪影響を及ぼしてしまいます。

スポーツで体を動かしたりカラオケで声を出したり、趣味を通じて適度に発散させることが大切です。

4.クレームが原因の場合

薬剤師は仕事において、医師や他の医療系職種の方、または患者さんからクレームをつけられることもあります。

落ち度があった場合の叱責であれば納得も出来ますが、ミスをしていないのにもかかわらず、言いがかりをつけられてクレームを言われる場合もあります。なかには、毎回のようにクレームをつけてくる方もいるので、強いストレスに繋がってしまいます。

クレームが原因となる場合には、まずはクレームの原因をしっかりと分析しましょう。待ち時間が長いなど、こちらにも少なからず落ち度がある場合には、スタッフ数を増やして対応したり、事前に待ち時間を伝えて患者さんにご納得いただくなど、対策を考えましょう。

こちらに落ち度が無いのに繰り返しクレームを言われる場合には、上司に相談して今後の対策を検討しましょう。クレームには複数名で対応するなど、ストレスをうまく分散させることもおススメです。

5.上司との相性が原因の場合

人間関係にも通じることですが、上司との相性がストレスの原因となる場合もあります。

上司とうまくいかなければ、まわりがやりたがらない仕事押し付けられてしまったり、適切な評価をしてもらえなくなるおそれもあります。昇進で不利になったり、有給をとりにくくなったりと、実益的な面でも損をしてしまうこととなり、ストレスに繋がってしまうでしょう。

上司との相性が原因となる場合には、まずはうまく解消できる方法がないか模索してみましょう。コミュニケーションをしっかりととることも重要です。それでも解決しない場合には、上司よりも上の立場の方や、人事担当の方に相談をするようにしましょう。すぐには難しいかもしれませんが、将来的には転勤などを考慮してもらえる場合もあります。

6.ワークライフバランスが悪い場合

ワークライフバランスが悪い場合においても、ストレスに繋がってしまいます。

特に病院では当直があったり、当番で休日に出勤したりと、プライベートが犠牲になってしまいがちです。ドラッグストアにおいても、夜遅くまで勤務があったり、お盆や年末年始に出勤しなくてはならない場合も多く、同様にプライベートに影響してしまいます。

ワークライフバランスが悪い場合には、配置交代や転勤などができないか、上司に相談してみましょう。最悪の場合には、転職によって職場を変えることも必要となります。調剤薬局のように、当直や夜間の勤務がない業種に転向することもおススメです。

転職を検討する場合には、転職サイトなどを利用することで、無償で転職をサポートしてもらえるのでおススメです。下記のリンクから、転職サイトのおススメランキングを確認することが可能です。ぜひとも参考にしてみてください。

転職サイトのおススメランキング

まとめ

薬剤師がストレスを感じるときの原因と、その対応策をご紹介しました。

どんな仕事にもストレスは付き物ですが、薬剤師は医療系ならではのストレスもあるので、注意が必要です。ここでの内容を参考にして、ストレスの無い職場を目指してください。

シェアする

関連する記事